SEO対策の重要な要素のひとつである被リンク対策に、中古ドメインの使用は有効です。その効果を最大限に発揮するためには、質の良い中古ドメインを選ぶ必要があります。
質の良い中古ドメインとは、運用履歴が長く、コンテンツが優秀なサイトで、自然な被リンクの獲得数が多いもののことを指します。
ユーザーにとって価値のあるサイトであれば、ドメインパワーも強く、上位表示されやすくなります。

新規ドメインではこのドメインパワーを一から養うことになりますが、中古ドメインには既存のドメインパワーがあるので、上位検索されるための時間とコストを大幅に削減することができます。
しかし、Googleなどの検索エンジンは年々進化しており、昔に比べるとその効果が薄れているのは事実です。自作自演で集めた不正な被リンクなどは評価されなくなり、ただ単に被リンクの獲得数が多いだけでは意味がなくなったからです。
被リンク元のサイトのコンテンツが良質でなければ、獲得数にカウントされなくなったからこそ、自然な被リンクがSEO対策には重要になるのです。
また、SEO対策に有効なのは被リンクだけではありません。質の高いコンテンツでサイトを運用し、検索からの流入アクセスを増やすことや、ユーザーのニーズを理解し、検索キーワード対策をすることも非常に大切です。

ペンギンアップデートにより被リンク効果は消えた?

ペンギンアップデートとは、Googleの検索アルゴリズムのアップデートのひとつで、質の低い被リンクに対する評価機能の更新のことを指します。
このペンギンアップデートによりGoogleの評価基準が変わり、質の低い被リンクのあるサイトの順位が下がるようになりました。質の低い被リンクとは主に、不自然で信憑性のないリンクのことです。
隠しテキストや大量の相互リンク、コピーコンテンツなどの情報量の少ない外部サイトからのリンクなどが代表的な例です。
このような不自然で信憑性のないリンクのあるサイトは、検索ランキングの順位が下がるだけでなく、ペナルティも与えられるようになり、被リンク効果が薄まりました。
しかし、不正な被リンクによる効果が薄れたというだけで、完全にその効果が消えたわけではありません。

コピーコンテンツや隠しテキストといった小手先のテクニックにより上位表示させるのではなく、質の高いコンテンツで勝負をすることで、引き続き被リンク効果を得ることができます。
情報量が多くて役に立つ、ユーザーにとって本当に価値のあるコンテンツを発信していくことは、ペナルティの回避だけでなく、自然な被リンクの獲得につながります。
上位検索されるためには、検索エンジンからもユーザーからも評価される、良質なコンテンツ作りを心がけることが大切です。