中古ドメインはSEO対策に有効なことから、運営歴が長いものは高値で売買される傾向にあります。中古ドメインは運用者にとって販売促進に活用できるというメリットがあります。
ただなりすまし電子商取引サイトと呼ばれる偽サイトを作って詐欺などの犯罪に悪用されるリスクがあり、被害に会ったという利用者が増えているので注意が必要です。
偽のオンライン店舗は、2014年の半年間だけでも確認されただけで5400店舗あり、消費者だけでなく運用者にも大きな支障を与えているのが現状です。

中古ドメインを利用した偽りサイトでは、一般的なオンラインショップになりすまし、利用者を上手に騙して登録させクレジットカードなどの情報を盗みます。
中古ドメインを悪用した偽サイトはとても巧妙に作られており、通常のオンラインショッピングサイトと同様のカートシステムやクレジットカード決済にも対応しているので見分けるのが困難です。
利偽サイトとは知らずに登録した用者が注文とクレジットカードの決済を完了しても、注文した商品は利用者の元へ届くことはありません。
さらに詐欺の被害はそれだけには留まらず、クレジットカードを悪用した犯罪に発展することも少なくありません。オンラインショッピングを利用する際はこのような偽サイトが多いので細心の注意を払うことが重要です。

なりすまし詐欺に引っかからない対策とは?

なりすましサイトによる被害は年々増加をしており、手口も多様化しています。安全にオンラインショッピングを利用するためには、詐欺がどのように行われるのか知っておくことが重要です。
オンラインショッピングの詐欺は、商品を買ってお金の振り込みが終わっても商品が届かないという類です。通販サイトやオークションサイトで多く見られ、詐欺を働いている犯人はそれらのサイトの運営者などになりすましています。
サイトを利用する場合はまずサイトの運営者情報を確認して、不明確な場合は個人情報が悪用される可能性があるので登録をしてはいけません。
またオークション詐欺は、ログインIDを第三者が不正に入手し利用する詐欺行為です。IDを使って大量の商品を出品し、振込で利益を得る詐欺で、利用者には商品は届きませんし出品者にもお金は振り込まれません。
詐欺が発覚した時点でIDを削除するなどの対策が必要です。

なりすまし通販サイトで被害に会った場合の対策として、警察に連絡をするのはもちろんですがすぐに振り込みした銀行に問い合わせをします。
個人情報を登録しているので口座の凍結をしてもらうと同時に、銀行に詐欺に合った旨を伝え被害額が返金されるかどうかの確認をします。
またクレジットカードを使用した場合は、カード管理会社に連絡をして保証制度を受けられるかどうかの確認をします。これはオークションサイトを利用した場合も同じで、必ずサイトを管理している会社に連絡を入れます。
ただ残念なことに、口座からすでに現金が引き出されている場合はお金は戻ってきませんが、被害が広がらないようにいずれの場合も警察に必ず連絡を入れます。