ドメインとはインターネットの末尾にある「.(ドット)より後ろの英列」のことです。本来であれば、「.jp」や「.com」などでしたが、今では自身の好きな英字などでつくることができます。
それを新規ドメインといいます。新規ドメインはSEOの観点において効果は薄いとされています。その理由は若すぎるからです。
検索エンジンのアルゴリズムでは、ドメインが取得されてからの日数なども評価項目に入れており、あまりにも新しすぎるとエイジングフィルターに引っかかってしまい、弾かれてしまいかねません。
そのため、すぐに効果を出したいという場合、新規ドメインはSEOに不利なのです。では、新規ドメインのメリットは何なのでしょうか。それは新しく物事を始めたときに現れます。
新規ドメインはSEOの効果が出るまでに時間がかかってしまいます。その間に新規プロジェクトの内容を詰めておけば、ある程度内容が固まってきたときにすぐにページを上位にもってきやすくなります。
この点が新規ドメインのSEOにおけるメリットです。新規ドメインというのはドメインパワーが低めです。

ドメインパワーとは「信頼性」を意味するもので、新規ドメインの場合、信頼性が低いので初期のうちは評価が引くなってしまいます。
また、SEOで効果を得たいという場合は、インデックスを整理しておく必要もあります。SEOの評価項目の中にインデックスの有無があります。
これはページがきちんと分類分けされているかを見ており、もし分類分けされていないと、それだけで評価が下がってしまうこともあります。そのため、きちんと整理しておくことが求められるでしょう。

新規ドメインの取得方法を解説!

新規ドメインの取得方法ですが、一番簡単な方法はレンタルサーバーを借りた際に新規で発行してしまう方法です。
ホームページなどを運営する際にサーバーが必要になってくるのですが、自身でサーバーを立てられない場合はレンタルサーバーを借りる必要があります。
まずレンタルサーバーを業者を選ぶところから始めましょう。レンタルサーバーを選ぶポイントとしては維持費が安くて安定性があるという2点を確認しましょう。サーバーの維持費は業者によってバラバラです。
必ずしも高ければ良いというわけではありませんので、必ず評判を確認してから借りるようにしてください。
また、サーバーが不安定ですと、繋がりにくくなってしまったりデータが吹き飛んでしまったりする恐れがあるので安定性も確認しておきましょう。

次にサーバーの申し込みです。レンタルサーバー会社を決めたのであれば、その会社と契約を結びましょう。その際に、初期IDという形で初期ドメインが発行されます。
これは後日、新規ドメイン取得という形で独自ドメインに変更できます。申し込みが終われば手続きは完了です。最後にドメインの変更です。
初期ドメインを独自ドメインに変更する場合、所定の手続きに従って変更する必要があります。その際に費用は掛からないところが多いのですが、取得費用という形で発生することもあるので注意しましょう。
もし、すでにレンタルサーバーを借りており、独自ドメインを取得したいという場合は、ドメインだけ取得できますのでサーバー会社またはドメイン会社からドメインを買うといいでしょう。